IT系アラサー男子の家事日記

ITインフラエンジニアを生業にしたアラサー男子の生態を、家事的観点で綴ります

Amazonプライムはお得か?Fireタブレットの効果的な活用法

Amazonプライムとは

職場の人が「Amazonプライムはいいよー」としきりに勧めるので、2016年の12月にプライム会員になってから早4ヶ月。

結論から言えば、プライムになってよかったですよ、本当に!

そもそもAmazonプライムとは、年額3,900円で下記のような特典を受けられるサービスのことを言います。

  • お急ぎ便、日時指定が無料
  • プライム・ビデオ見放題
  • プライム・ミュージック聴き放題
  • プライムフォト(好きなだけ写真をクラウドに保存可能)
  • 会員限定先行タイムセール
  • Kindleオーナーライブラリー(Kindle本がひと月に一冊無料)
  • Amazonファミリーの割引特典

3,900円の年会費も、月額ではたったの325円!かなり格安でたくさんのサービスを受けることができることが、Amazonプライムの人気のワケなのです。

FireタブレットKindleが4,000円引きで購入可能

さて、Amazonプライムの最強特典のひとつは、対象のFireタブレットKindle電子書籍リーダーが4,000円引きで購入できることです!

f:id:biyora:20170430230505p:plain

f:id:biyora:20170430230520p:plain

それぞれ4,000円引きの対象商品は下記の通りとなっています。(2017年5月現在)

<Fireタブレット>

  • Fire ¥8,980 → ¥4,980
  • Fire HD 8 ¥11,980 → ¥7,980

<Kindle電子書籍リーダー>

私は「Fire」を4,980円で購入しました。たまにセールで元値が1,000円引きの7,980円で販売されていたりもするのですが、その時にはプライム会員だと3,980円で買えちゃいます!

実はと言うと私がFireを購入した3週間後にもそういったセールが開催されており、非常に悔しい思いをしましたね、ええ 笑

Fireタブレットの効果的な使い方

私がFireタブレットを4ヶ月使った感想ですが、用途をAmazonプライムのサービスを享受することに特化すれば、こんなにもコスパの最強なタブレットは他には知りません。

具体的には、私はFireタブレットでこんなことをしています。

  • オーナーライブラリーで取得したKindle本の閲覧。主に通勤時間に使ってます
  • お風呂に入りながらプライム・ビデオの視聴。

ただし、例えばiPadのようにブラウジングしたり写真を撮って保存したり、などという機能はかなり貧弱です。動作が結構もっさりとしていますので、ややストレスを感じることもあるかもしれません。

しかし上記のような用途ではサクサク動いてくれますので、「これはAmazonプライム用の端末だ」と割り切ることが重要です。

Amazonプライムはショッピングを使わなくても元は取れる

この他にも私はプライム・ミュージックでクラシック音楽をダウンロードして聴いています。好みのジャンルにもよるかと思いますが、少なくともクラシックに関しては対象楽曲のラインナップに満足しています。

また、私の場合はプライムミュージックはFireタブレットではなくiPhoneのアプリで利用しています。音楽は携帯性の高いiPhoneで聴くことが多いですからね。

というわけで、私はあまりショッピングではAmazonを利用することはないのですが、Kindleとプライムビデオとプライムミュージックだけでも月額325円の元は取れていると感じています。

ショッピングを利用するのであればなおさらお得になりますので、Amazonプライムは超絶おすすめです!