IT系アラサー男子の家事日記

ITインフラエンジニアを生業にしたアラサー男子の生態を、家事的観点で綴ります

Apple Payで生活はどう便利になったか?使用4ヶ月の体験レポ

Apple PayでSuicaを使うとかなり便利

iPhone7シリーズから利用可能になったApple Pay。iPhoneのWalletアプリの中にクレジットカードやSuicaのデータを取り込むことができ、レジのPOS端末や駅の改札にタッチすることで決済が可能な超絶便利な機能です!

私もApple Payを利用して4ヶ月が経ちましたが、大きく生活が便利になりました。

外出するときにiPhoneさえ忘れなければどうにかなる!という安心感はまさに絶大 笑

コンビニを利用するときも財布を取り出す必要がありませんので決済がラクにできます。

Apple Payを使うなら、SuicaViewカードはセットで考えるべき

Apple Payの機能の中では、Suicaを使う頻度がダントツで多いです。私の場合通勤でJRを使いますので、平日は毎日Apple PayのSuicaを使っていることになります。毎日お決まりのことだからこそ、スーツの胸ポケットからiPhoneを取り出し、改札でタッチするだけというシンプルさが良いのです。

しかしひとつ注意しておかなければならないのは、駅の券売機ではApple PayのSuicaのチャージや定期券の更新ができないこと!

ですので、Suicaのチャージや定期更新用として、Apple Payにお手持ちのクレジットカードの登録が必要です。

f:id:biyora:20170429115143p:plain

チャージ金額を入力後、右上の「チャージ」をタップし、指紋認証を行うことで選択されたクレジットカード決済でチャージが行われます。

基本的にはSuica用のクレジットカードは何でも大丈夫です。

しかし、JR東日本の「Viewカード」だとSuicaへのチャージや定期券更新でお得にポイントを貯めることができますので、ぜひ「Viewカード」の発行をオススメします!

Apple PayでSuicaにチャージする時の注意点

Apple Payには複数のクレジットカードを登録することが可能です。

「設定」>「WalletとApple Pay」>「メインカード」

から、Apple Payを利用する際に一番最初の候補として画面に現れるカードを選択することができます。

このメインカードを他のカードにしていたのが原因で、Suicaチャージを行ったときにViewカード以外の意図しないカードで決済してしまったという失敗経験があります…。

もちろんチャージ時の指紋認証の段階で決済カードを選択することもできるのですが、その時は全く意識していませんでした。それ以降、メインカードには必ずViewカードを指定しています。

もちろんApple Payでイオンカードも利用できる

Apple Payにはいろいろなクレジットカードを登録できますので、当然イオンカードも利用可能です!

我が家は食料品の9割をイオンで買い物するほどにイオンのヘビーユーザーですから、Apple Payのおかげでお買い物も便利になりました!

イオンでお買い物する時にイオンカードで決済すれば、通常でも「ときめきポイント」が2倍もらえますが、Apple Payでイオンカードを使えばポイント10倍もらえるキャンペーンをやっていましたのでかなり得することができたんです。

普通にクレジットカードを利用する場面で、決済方法をApple Payに切り替えるだけで得する場面は結構あります。

ぜひiPhone7シリーズをお持ちの方はApple Payを使ってみてくださいね!